オフィシャルブログ

太陽の塔 内部公開 ~翠光堂仏壇店~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

太陽の塔といえば、大阪万博の象徴。茨木や吹田の方々にはとてもなじみのある塔です。

正直、小さいころにはあのフォルムが少し怖く感じていましが、年齢を重ねるごとに、慣れ親しんだあの大きな公園と共に、太陽の塔にも何かしらの愛着みたいなものもわいていました。久しぶりに近くで見る太陽の塔。あらためて、でかいし凄いデザイン。

IMG_5096 IMG_5095

太陽の塔は地上から見えている三つの顔、正面の「黄金の顔」「太陽の顔」背後の「黒い太陽」と、地下にもう一つ「地底の太陽」があります。この地底の太陽は万博閉幕後から行方不明で、今回の再生事業により蘇ったそうです。

IMG_5099 IMG_5098

内部のメインは「生命の樹」を中心に、人類の進化と未来を表現されています。ここで、簡単に書くことはできませんが、凄いです。上階では腕の内部も見ることができ、その構造体の美しさに吸い込まれそうになります。これが50年も前に建てられたと考えると、エネルギッシュで未来への希望がキラキラと輝いていたのが容易に想像できます。

万博公園内の国立民俗博物館では、当時収集された世界の仮面やそれぞれの民族の生活用品などを見ることができます。これらは、大阪万博開催時には太陽の塔の地下で展示されていたそうです。それはとてもサイケで衝撃的な展示だったことでしょう。

とても満足感のある時間でした。機会があれば是非!

大いに影響を受けてしまった僕らは、帰りのお土産物屋さんで太陽の塔グッヅの吟味に沢山時間を費やしました(笑)

IMG_5112