オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 翠光堂仏壇店のお知らせ。~スタッフのブログ~

ご飯が炊ける弁当箱 ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

会社でのお昼ご飯は、極力お弁当を持参しようと努力しております。

白米をもう少し美味しく食べれたら、と友人にこぼしたら「こんなんあるで」と教えられたのがこちら

「サーモス ご飯が炊ける弁当箱」

51vAA9pUb1L._SX355_

0.7合のお米が電子レンジで炊けてしまう。しかもそのままお弁当として持ち出せる!

まずは米を計量、洗米、規定量の水に20~30分つけておくとより美味しく炊けます。

81D7F909-33D9-47EF-B23D-0C0586F73DF5

(因みにレンジアップ後、水につけておいた物は水分がほぼ残りませんが、レンジに直行すると水が残ります。ただ、30分後はお米がしっかり吸いますのでご安心を。持ち運びをするならしっかりつけてからの方が良さそうです。)

UFOみたいな部品を取り付けて、電子レンジで8分。

F80D1828-4F5A-4F0F-A93E-8D6416B9863B

お!出来てる!

ADF54F6C-A9A1-46D3-99E4-4FD5F70DDB29

出来上がったすぐに保温ケースに入れて、蓋を付け替える。

1D4C3107-ED06-475E-9B5C-A200264FD07B

放置後30分で熱々のご飯が完成。

7BCEB757-15F3-46E0-B4A1-90DA284EE7E5

朝、これをチンして、そのまま出勤。お昼ご飯時、熱々とまではいきませんが、温かいご飯が食べれられます。

出来上がりはお茶碗大盛といった感じなので、少し取って小さいおにぎりに。間食などにできます。

97B1211E-C1EF-4B8A-A11A-813485D51804

阪急淡路駅周辺 ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

淡路店の入口から見上げると、駅のホームが見えます。

今日、さらに上を見上げると高いクレーンに人が!

IMG_20190122_133122

IMG_20190122_133128

 

ワイヤーを引く作業をされています。

淡路駅前は現在線路の高架工事真っただ中。クレーンはその駅舎になる予定の場所あたりだと思います。

この高架工事、中々難航しているそうで、当初2020年完成予定だったのが7年も延びて2027年の予定になったそうです。あらら。

ただ、進んではいないわけではないので、日々周辺の風景が変わっていきます。まだ少し先ですが、気長に待っておきましょう。安全第一で工事頑張ってください。

翠光堂のお仏壇は国内で心を込めて製作されています。 ~翠光堂仏壇店~

翠光堂のお仏壇新仏壇カタログ8Pポスティング3つ折り_右開_裏(内) ol

くわしくは翠光堂仏壇店各店まで。 ☎0120-577-510

厄除け銘菓「あ うん」 ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。吹田店の豊原です。

今年厄年の先輩から厄除けのクッキーをいただきました。

小豆が中に入っているクッキーで、古来より小豆は魔除け、けがれを払う霊力があるとされ小豆を食べる事により身を守ったりと言われているみたいです。

写真 2019-01-19 15 19 04写真 2019-01-19 15 19 34

 

しっかり小豆の味がして甘くておいしい!!しかも縁起がいいお菓子で有名みたいなのでパワーをもらった気がします。

おいしくいただきました。ありがとうございました!

門戸厄神 厄除大祭 ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

とうとう始まりました。厄年です。

昨年も行きました、門戸厄神 東光寺の厄除大祭へお参りに行って来ました。

今回は、本堂に上がり祈祷をして頂きました。

9CFD60F7-0F8F-4D0C-92B1-67C351A546CF

50人を超える人達と一緒に並び、全ての人の住所、名前、年齢、祈願内容を読み上げて貰えます。しかもこれから毎日、本堂での読経と共に名前を読み上げて頂けるそうです。

帰りにはお札を頂きました。これから朝はお参りして出勤します。

52ED63E0-FE41-4418-8A7D-81F995396D22

僕らの祈祷が終わる頃、ほら貝の音が。山伏の方々がずらりと並び、お経を唱えておられました。

厄除け大祭のメインイベント「柴燈大護摩」へと続いていきました。

7B8D09B4-8387-49A2-A20B-0D842E5DC77923353FFF-DC15-4446-951D-ABB1B21C3880

厄除けには、ぜんざいが良いそうです。もちろん頂きました。

18BD9887-D1A4-4894-BCC2-9FA80B3E036C

大規模な交通規制がされ、沢山の屋台も並びます。いくつになってもワクワクします。

5D616363-E8DF-4C7F-A042-75D1F316EAC8

一年、何事もなく健康で平和に生きれますように。

 

翠光堂では様々なご相談をお受けいたしております。 ~翠光堂仏壇店~

ポスティング3つ折り_右開_裏(内) ol

お気軽にご相談くださいませ。

翠光堂仏壇店 ☎0120-577-510

映画「ボヘミアン・ラプソディ」 ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

同僚がブログで報告していた(その①)(その②)映画「ボヘミアン・ラプソディ」、やっと観に行きました。

OGP

今の日本でも随所で流れ続ける名曲を数々生み落としていったバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画です。

♪チャッチャカチャーン♪のファンファーレと共に20th century foxのロゴが登場する冒頭、ファンファーレがエレキギターアレンジになっていて、早速「お!」となり、その後のクレジットがその時代を感じさせるフォントがビュンビュン画面を動き「おお!」となって、すぐに気分は70年代でした。

奇抜なファッションとパフォーマンス、突飛な音楽性と圧倒的な歌唱力で音楽界だけではなく、ポップカルチャー丸ごと塗り替えて、唯一無二になる様は、映画でもドキドキしました。この当時に青春時代を過ごした人が羨ましい。

ネットでの評価は賛否両論で、史実とのずれもあるそうですが、フレディ・マーキュリーの残した功績はやっぱり偉大で、語り継がれるべきだと思いました。

最後のライブエイドの映像は噂通り凄いですね。感動です。「レディオ・ガ・ガ」では思わず手を挙げそうになりました。挙げればよかった(笑)あんな大規模で、伝説になるようなライブ、もう現代では無理でしょうね。あの空気の中に居れた人達をまた羨ましく思います。そういう意味でもこの映画の存在意義は大きいと思いました。

クイーンの他のメンバーの再現力も秀逸でした。ブライアン・メイとか凄い!容姿はもちろん、あて振り(演奏の振り)でもあれだけちゃんと指を動かすのは大変。俳優さんの凄さも感じました。

平日の真昼間だったこともあるのかもしれませんが、お客さんの年齢層が高い(笑)若い人達も是非見に行って欲しいです。クイーンを知らなくても十分楽しめる映画です!!

2019年も翠光堂は国産品にこだわります。 ~翠光堂仏壇店~

2019年も翠光堂は国内生産品にこだわります。

国産仏壇ポスティング3つ折り_右開_裏(内) olポスティング3つ折り_右開_裏(内) ol

翠光堂(すいこうどう)仏壇店 ☎0120-577-510

 

鏡開き ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

今日1/15は鏡開きの日です。

ただ、この日付は地方などで違いがあるようで、関東は1/11、関西は1/15もしくは20日だそうです。元々は関東も1/20に行っていたそうですが、20日が徳川家光の命日にあたる為1/11に変更されたそうです。

「江戸の都合で京の文化はかえられまへん」といったかどうかはわかりませんが、その事が関西にまで浸透しなかったようです。

無病息災を願いながら、本年もぜんざいを頂きます!

ダウンロード

お仏壇のお洗濯に入ります。 ~翠光堂仏壇店~

お洗濯修理をさせていただくお仏壇です。

これから職人さんのところで2~3ヵ月ほど時間をかけ、全面修復をします。

2019-01-14

お仏壇のお洗濯修理の流れは大まかに

①お仏壇の分解

伝統的なお仏壇は、ホゾ組という技法でつくられているので各部品に分解することが出来ます。お洗濯の際は、まず、各部をつないでいる楔留めや金具もとりはずして分解し、打ち付けてある飾り金具なども全て取り外します。

②部品を洗浄する

分解した部品を薬品で洗います。永年使い続けてきたお仏壇にこびりついた埃や汚れをしっかり洗い流し、充分に乾燥させ、漆や金箔も古くなったものを洗い落とします。

先に取り外しておいた金具も綺麗に洗って、色づけやメッキをし直します。修復が難しい場合は新しい部品や金具と交換します。

③釘穴・傷の補修

金具が打ち付けてあった釘穴を埋め、傷、虫食いなど傷んでいる部分があればパテ等で補修、もしくは部分新調、反りや傷みがひどい場合は大部分を作り直します。

④下地づくりと塗り

洗って乾燥させた部品を、新たに表面が平坦になるまで研磨したあと、塗りこんでいきます。同じ工程を幾度となく繰り返し、中塗りから上塗りと塗り上げ、新品同様の光沢を蘇らせます。

⑤箔押し

均等に金箔を押していきます。

⑥金具打ち・組立て

金箔を押し終わったら、金具を打って組み立てていきます。上記の分解~補修後の工程は、新品のお仏壇をつくるのとほとんど変わらない、もしくはそれ以上に手間のかかる作業です。

※⑤の『箔押し』と⑥の『金具打ち・組立て』の作業の間に、お仏壇の種類によっては『蒔絵の描きなおし』の工程が入ります。

お洗濯修理のお見積もりは無料ですので、お気軽にお声がけくださいませ。

翠光堂(すいこうどう)仏壇店

電話番号 0120-577-510

メールアドレス suikodo.suita@obutsudan.co.jp