オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: お仏壇・仏具・仏事に関すること。

感謝を込めて、お仏壇のお掃除を。 ~翠光堂仏壇店~

今年も残り20日ちょっとになりました。

大掃除の季節です。ということで
お仏壇掃除についての注意点をまとめてみました。

『金仏壇・・塗り部分(黒い部分)は、柔らかく薬剤が染込んでいない乾いたクロスで拭く。
金箔部分は、毛ばたきの羽先で優しくなで、ホコリを落とす程度。(基本的には触らない。)』

『唐木、家具調仏壇・・面の部分は、柔らかく薬剤が染込んでいない乾いたクロスで拭く。
欄間等の彫りが施されている部分や細かい部分は、毛ばたきでホコリを落とす。』

準備:
お仏壇の部品やお仏具を出す前に、
見取り図や写真を撮られる事をお勧めします。
毎日見ていても、いざ動かすと元の位置が分からなくなる事がよくあります。

お仏壇の中に入ったお道具を、一旦外に取り出し、
吊り物、高欄(一番上段の柵)等、取り外せる物は取り外しておきます。

お仏壇の掃除
お仏壇の掃除

(お掃除中の転倒や落下を防いでおきましょう。)
掛軸、燈籠(電気配線が施されている物)等、動かしにくい物はそのままにしておきます。

膳引きや、仏壇内にガラスがひいてある場合は、外しましょう。
傷つける可能性があるので、取りづらい場合は、はめたままで結構です。

まずは、全体のホコリを毛ばたきで落とします。
お仏壇の掃除
ホコリを吸着するハンディーモップ等もお使い頂けますが、
モップ自体に薬剤が染込ませてある物の使用は避けて下さい。

注意:長年使って羽が減った毛ばたきは、柄で傷付ける事があります。
そのような場合は、お買換えをお勧めします。

扉や障子の枠、側面の梁等、上を向いた面の部分は結構ホコリが溜まっています。
お仏壇の掃除
お仏壇の掃除

唐木仏壇で汚れが目立つ場合は、水拭きをして下さい。

柔らかい布にお湯を染込ませて、硬く絞った物で拭き、

すぐに乾いたクロスで乾拭きをして下さい。

面の部分は、薬剤が染込んでいない、柔らかく乾いた物をご使用下さい。
お仏壇の掃除

お仏壇の掃除

欄間や障子の格子等、細かい部分は綿棒などでホコリを取って下さい。
ただし、細かい彫り物はちょっとした事で折れたり外れたりしますので、ご注意下さい。

お仏壇用の艶出し液をお持ちの場合は、薄くのばし、しっかりと乾拭きをして下さい。

お仏壇は、何重にも塗装とコーティングが施されています。
強く拭き過ぎたり、専用では無い洗剤等でこすると、
コーティングがはがれ、艶がなくなったり、傷みが早くなってしまいますので、ご注意下さい。

お仏壇は水気を嫌います。水拭き等は、一年に一回位に留めて頂き、
普段は毛ばたきでホコリを落とし、クロスでの乾拭きでお手入れをして下さい。

そのほかお掃除について詳しくお知りになりたい方はお気軽にお問合せくださいませ。

翠光堂(すいこうどう)仏壇店  ☎ 0120-577-510

 

歳末大特価市セールが始まります。 ~翠光堂仏壇店~

本日より翠光堂仏壇店各店にて歳末大特価市を開催いたしております。

2018_歳末特価祭(店頭POP_G1・DM価格)

今年最後の大特価セールです。

お買い替えや修理・リフォームをぜひご検討ください。

お正月を綺麗なお仏壇・仏具でお迎えいただけるよう

精一杯御手伝いをさせていただきます。

翠光堂仏壇店 ☎0120-577-510

床の間用のお掛軸の取り扱い致しております。 ~翠光堂仏壇店~

床の間用のお掛軸の取り扱い致しております。

くわしくは翠光堂各店までお気軽にお問い合わせくださいませ。

翠光堂仏壇店  ☎ 0120-577-510

毎月27日はお仏壇の日です。 ~翠光堂仏壇店~

毎月は27日はお仏壇の日です。

お仏壇の日(ぶつだんのひ)は、全日本宗教用具協同組合が制定した仏壇の記念日で、毎月27日です。天武天皇14年3月27日(西暦685年)、天武天皇が「諸國家毎に佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」との詔を出したとの記述が『日本書紀』にあることにちなみます。この「3月27日」は旧暦ですが、仏壇の日は新暦3月27日としました。後に毎月27日に拡大されました。(wikipediaより)

写経会に参加させていただきました。 ~翠光堂仏壇店~

毎月参加させていただいている法住寺様の写経会に行ってきました。

今回で二十四巻目です。早朝のご本堂は手がかじかむほど寒く、

ガスストーブをつけてくださいました。

書き終える頃にご住職様の読経が始まり、写経した般若心経を皆さんと一緒に

唱えさせていただきました。

写経

読経後のご法話の中で浄土宗(半他力)と浄土真宗(他力)の考え方の違いを

猿の子と猫の子に例えて分かりやすくお話ししていただきました。

法住寺様いつも貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございます。

納骨壇の納品に伺いました。 ~翠光堂仏壇店~

こんにちは。翠光堂の髙橋です。

ご寺院様の納骨檀増設の納品に伺いました。

近年はお墓の選択肢として納骨壇を選ばれる方が急増しています。

お寺の敷地内で屋根があり、季節、天候を気にせずお参りに伺えます。

こちらの定専坊様では専用駐車場を新設され、よりお参りに行きやすくなりました。

大小様々な納骨壇をご用意されておられます。

F55C5965-10D2-4299-9945-4DB938A6CE39 E291B081-44E0-4109-8229-9A697A9A4DEF 4479CC1F-55AB-4347-91EE-45793788D1C3 14D31B65-45A1-4400-AC17-E274C16E0A31

翠光堂でもお取次ぎさせて頂けますので、お気軽にお問い合わせください。

翠光堂 阪急淡路駅前店 0120-599-510

関西エンディング産業展に行ってきました。 ~翠光堂仏壇店~

KES

関西エンディング産業展に行ってきました。

仏壇店向けというよりは葬儀社さん向けのブースが多い中、ぐるぐる見て回っているとお墓とお仏壇が一体になった珍しいタイプのお仏壇?のブースがあったり、手元供養の可愛らしいお祀りセットが展示しているブースも。

 

プロジェクションマッピングなどの最新技術を駆使したお葬儀を提案しているブースや、最新型の音響設備を紹介しているブースなど、ひと昔前と比べると故人を送る儀式の在り方も随分と進化していってるようです。

全店にて大感謝セールを開催中です。 ~翠光堂仏壇店~

只今、翠光堂仏壇店全店にて大感謝セールを好評開催中です。

選りすぐりの国産のお仏壇を大特価にて御求めいただけます。

期間中ご希望いただいたご購入者様には、記念品「2019国宝カレンダー」をプレゼント中です!!

2018_ありがとう大感謝祭

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

翠光堂(すいこうどう)仏壇店  ☎ 0120-577-510

リビング用の神棚をご紹介いたします。 ~翠光堂仏壇店~

リビングに合うお仏壇があるのなら、リビング用の神棚は無いの?というお問い合わせが増えています。もちろんございます。

リビング用の神棚「白雲(しらくも)」

※神具は別売です。

メラミン化粧板とガラスの間にお札を差し込むことができます。

前面ガラスは雲をイメージした透かしガラスになっており、お札がうっすらと見えます。

下部にはガラスの棚があり、お供え物を置けるスペースもあります。

取付は、専用の金具を壁に取り付け、そこへ本体を引っかけるだけで簡単です。

ボード用釘が付属しているので、よくある石膏ボード壁にも取付可能です。

実物は翠光堂阪急淡路店にてご覧頂けます。

※神具は別売

●外寸サイズ:高365mm×幅365mm×奥行120mm

●棚板サイズ:幅356mm×有効奥行74mm
●原産国:日本
●材質:メラミン化粧板

●化粧飾り:アクリル板

●棚板:面取りガラス

●本体価格:59,400円(税込)※神具は別売です。

※お取り寄せ商品となり、お渡しには数日かかりますので予めご了承ください。

お問い合わせは各店まで。☎0120-599-510

神徒壇(神徒様のお仏壇)も取り扱いさせていただいております。 ~翠光堂仏壇店~

翠光堂仏壇店では神徒壇(神徒様のお仏壇)も取り扱いさせていただいております。

神徒壇 神徒壇

『神徒壇(祖霊舎)』

神道(しんとう)では霊璽(れいじ)に故人様の御霊(みたま)を移して、家庭でお祀りすることにより、故人様やご先祖様はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。
故人様やご先祖様の御霊を祀る神徒壇(しんとだん)は、仏式のお仏壇に当たるものです。

神徒壇は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることをおすすめします。
新しい神徒壇を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職(しんしょく)にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を神徒壇の中に祀ります。
神徒壇の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。

神徒壇のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人様の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)の作法でお参りします。

お参りの順番は神棚を先に、神徒壇(祖霊舎)はそのあとに拝礼します。

神徒壇は、その中に故人様やご先祖様の御霊(みたま)が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、お神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。

神棚の下や隣に安置することもありますが、神徒壇の位置が神棚より低くなるよう安置します。
南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。

お問い合わせは翠光堂グループ各店まで。

☎0120-577-510